製 品

Product

ホーム製品(製品カテゴリー)遅延装置DLYシリーズDLY-820/DLY-420

HD-SDI入力対応SD-SDI入力対応

HD-SDI 遅延装置 DLY-820/DLY-420

(“ALVIX” HD-SDI Delay Unit DLY-820/DLY-420)


≫特 長

  • HD-SDI信号またはSD-SDI信号を任意のフレーム数分遅延させて出力する装置です。
    Delayボードを2枚搭載します。
       DLY-820 :1~860フレーム(約28.7秒)
       DLY-420 :1~430フレーム(約14.3秒)
  • エンベデッドオーディオを含むアンシラリ領域も欠落なく遅延させます。
  • ビデオ、HANC、VANCそれぞれ独立に遅延量を設定できます。
  • 映像、音声、字幕やNet-Qの遅延量調整が可能です。



≫フロントパネル

DLY-820/DLY-420 フロントパネル




≫リアパネル

DLY-820/DLY-420 リアパネル




≫Delayボード仕様

◆入力信号
  信号形式 HD-SDI  SMPTE292M    1080i [59.94Hz]
SD-SDI  SMPTE259M-C   480i
  コネクタ BNCコネクタ
◆出力信号(ディレイ信号)
  信号形式 入力と同等(入力に同期)
  コネクタ BNCコネクタ 3系統
◆入力信号バッファスルー出力
  信号形式 入力と同等(入力に同期)
  コネクタ BNCコネクタ 1系統
◆通信制御
  通信仕様 100BASE-TX/10BASE-T対応 LANインターフェース
  プロトコル HTTP、SNMP(異常通知) ※ブラウザソフトを使用して設定制御可能
  コネクタ RJ-45モジュラコネクタ
◆遅延機能
  フレーム遅延 DLY-820 : 1~860フレーム(約28.7秒)
DLY-420 : 1~430フレーム(約14.3秒)
  遅延量設定 VIDEO/HANC/LINEの3つの領域に対して独立に遅延量設定可能
 ①VIDEO :アクティブビデオ領域
 ②HANC :音声を含むHANC領域
 ③LINE :任意に指定したライン(HANC領域を除く)
       ※VANC領域、アクティブビデオ領域の任意のラインを指定可能。
         複数のラインを制約なく指定可能。
  出力位相調整(入力信号基準) 水平位相±1ラインH (サンプルクロック単位)
垂直位相±0.5フレーム (ライン単位)



≫筐体仕様

※上記Delayボードを2枚搭載します。
◆電源
  電源電圧 100V AC ±5%
  消費電力 50W
  電源二重化 電源ユニットを2基搭載。活線挿抜可能。
◆使用温度 5℃~+40℃ 結露なきこと
◆外形寸法 H43mm×W430mm×D480mm(突起を含まず)
◆重量 約4.5kg



※仕様及び外観は改良のため、予告なしに変更することがあります。
© ALVIX Corporation