製 品

Product

ホーム製品(製品カテゴリー)直近同録ユニットSR-2000SR-2000

HD-SDI入力対応

直近同録ユニット SR-2000




直近同録ユニット SR-2000


≫特 長

  • HD-SDI(映像・音声)を録画/再生可能な同録ユニットです。
  • 本体内2TBのSSDを搭載し約40時間の画音をMotionJPEG方式で録画します。
  • ループ録画(過去24時間)も可能です。
  • 録画ファイルは、任意の時刻を指定して追掛け再生可能です。
  • また、アプリケーションソフトを使用してファイルを切り出し保存、PC上で再生することも可能です。
  • VAD-F2000シリーズの画音監視アプリケーションソフトと連動して、障害発生時の確認が行えます。
  • オプションを追加することで2系統の非圧縮録画が可能となります。



≫搭載アプリケーション(標準)


アプリケーション SR-2000 SR-2000(Player)
主な機能 ループ録画
追掛け再生
プレイリスト
リピート再生
SR-2000の再生のみの機能
使用入力 IN A
使用出力 OUT B(再生出力)
OUT A(IN Aのバッファスルー)
OUT B
使用チャンネル チャンネルA 録画
チャンネルB 再生
チャンネルB
録画ファイル Motion JPEG-MOV
MPEG2-MOV
音声 リニアPCM
再生可能ファイル形式 Motion JPEG-MOV
MPEG2-MOV
非圧縮-AVI
Motion JPEG-AVI
※同一チャンネルを重複して使用する組み合わせで、アプリケーションを起動することはできません。



≫アプリケーション画面イメージ

SR-2000 標準アプリケーション画面イメージ




≫フロントパネル


SR-2000 フロントパネル




≫リアパネル


SR-2000 リアパネル




≫仕 様

◆映像入出力信号
  入力信号数 1系統
  出力信号数 2系統(分配出力)
  信号形式 映像:HD-SDI SMPTE292M 1080i [59.94Hz]
音声:エンベデッドオーディオ 48KHz 16bit 8ch
  入出力接栓 BNCコネクタ
◆外部同期信号
  入力信号数 1系統
  信号形式 BBまたは3値同期
  入力接栓 BNCコネクタ
◆録画圧縮規格 MotionJPEG (DataRate:約110Mbps)
切り出し保存するファイルは、拡張子.movのMotionJPEGファイルです。
QuickTimePlayer等を使用し、PC上で再生可能。
※QuickTimeはアップルコンピュータ社の商標です。
◆外部 I/F
  通信仕様 ギガビット・イーサーネット対応 LANインターフェース
  コネクタ RJ-45モジュラ
◆機能
  ループ録画 過去24時間をエンドレスでループ録画します。
  トリックプレイ 外部制御により、出力のコントロールを行います。
 ・指定時刻の頭出し
 ・録画開始/停止
 ・再生/一時停止/再生終了
 ・早送り/早戻し
 ・コマ送り(1フレーム単位)/コマ戻し(1フレーム単位)
  ファイル切り出し 外部制御により、任意の時刻を指定してファイルを切り出し保存できます。
◆外形寸法 W430×H44×D400mm
◆電源電圧 100V±10% AC 50/60Hz
◆消費電力 約92W(95VA)
◆使用温度 5℃~35℃



追加オプション


 ≫特 長

  • オプションを追加することで2系統の非圧縮録画が可能となります。
  • VAD-F2000の画音監視アプリケーションソフトからの制御で、障害発生時の録画を行います。
  • 本体のGUIを操作して、録画ファイルの再生を行います。



 ≫搭載アプリケーション(オプション)

■標準アプリケーションに加え、下記アプリケーションが搭載されます。

アプリケーション SR-2000_DL SR-2000_W
(Channel A)
SR-2000_W
(Channel B)
SR-2000_W
主な機能 Dual linkを録再 チャンネルAの
録再
チャンネルBの
録再
チャンネルAとBの
録再制御を1つの
GUIにまとめたもの
使用入力 IN A/B
Dual link
IN A IN B IN A/B
使用出力 OUT A/B
Dual link
OUT A OUT B OUT A/B
使用チャンネル チャンネルA/B チャンネルA チャンネルB チャンネルA/B
録画ファイル 非圧縮-AVI
Motion JPEG-AVI
音声 リニアPCM
再生可能ファイル形式 非圧縮-AVI
Motion JPEG-AVI
※同一チャンネルを重複して使用する組み合わせで、アプリケーションを起動することはできません。



 ≫アプリケーション画面イメージ

SR-2000 オプションアプリケーション画面イメージ




 ≫アプリケーション使用例

エンコーダチェックシステムとして下記のように使用できます。

■障害発生素材録画
 本体アプリケーションソフト「SR-2000_W(Channel A)」、「SR-2000_W(Channel B)」を使用します。
 各チャンネルの録画機能を使用し、SSDに録画します。
 VAD-F2000の画音監視アプリケーションソフトからコントロール(UDP)を行い、監視に連動した録画を行います。

■録画ファイルの再生(再現試験用途)
 本体アプリケーションソフト「SR-2000(Player)」を使用します。
 チャンネルBの再生機能を使用します。
 本体のGUIを操作し、再生ファイルの選択、プレイリストの作成、リピート再生の実行などを行います。
 ※操作には、キーボード(USB)/マウス(USB)/モニタ(1440×900以上、アナログRGBまたはHDMI接続)が必要です。

■障害発生素材録画と録画ファイルの再生を同時に行う場合
 本体アプリケーションソフト「SR-2000_W(Channel A)」と「SR-2000(Player)」を使用します。
 チャンネルAの録画機能とチャンネルBの再生機能を使用します。



 ≫内部概略構成




 ≫仕 様

◆映像入出力信号
  入力信号数 2系統(IN A/IN B)
  出力信号数 2系統(OUT A/OUT B) ※オプションを追加した場合、分配出力はできません。
  信号形式 映像:HD-SDI SMPTE292M 1080i [59.94Hz]
音声:エンベデッドオーディオ 48KHz 8ch
  入出力接栓 BNCコネクタ
◆外部同期信号
  入力信号数 1系統
  信号形式 BBまたは3値同期
  入力接栓 BNCコネクタ
◆外部I/F
  通信仕様 ギガビット・イーサーネット対応 LANインターフェース
  コネクタ RJ-45モジュラ
◆外形寸法 W430×H44×D400mm
◆電源電圧 100V±10% AC 50/60Hz
◆消費電力 約92W(95VA)
◆使用温度 5℃~35℃



※仕様及び外観は改良のため、予告なしに変更することがあります。
© ALVIX Corporation